activities

ギソクで走ってみてわかった5つの事 (Part1)

投稿日:

 コロナウイルスの影響で東京マラソンの一般枠が中止になってしまいましたね…。参加を予定されていたギソクランナーの方々も多かったのではないでしょうか。ただ、日本全国あらゆる季節にマラソン大会はあります!1日でも早くコロナウイルスの影響が終息し、またランナーの方々が楽しく走れる日が来ることを願っています。

 Youtubeチャンネル「Blade Library Online」では、「ギソクで走ってみてわかった5つの事」を公開しました。大腿義足でマラソンに挑戦し、完走できるようになるまでに直面した色々な問題と、それをクリアしたアイデアをご紹介しています。あくまで一例ではありますが、これをきっかけにギソクで走っている方々にコメントなどいただけたら嬉しいです!

activities

youtubeチャンネルを開設しました。

投稿日:

ギソクの図書館のyoutubeチャンネル「Blade Library Online」を開設しました。

ギソクの図書館が行う活動や様々なチャレンジなど、義足にまつわること、時々関係ないことまで、色々と配信していきます。まずは毎月行なっているマンスリーランのプロモーションビデオ、そして2019年の夏に義足で富士登山に挑戦した時の記録を公開しています。

チャンネル登録をよろしくお願いします。

「マンスリーラン」プロモーションビデオ

富士山チャレンジ2019

activities

TEAM AVANTEさんから寄付をいただきました。

投稿日:

 富山県を中心に活動するマルチスポーツチーム「TEAM AVANTE」さんからギソクの図書館に寄付をいただきました。ありがとうございます。

 代表者の宮田さんのアイデアで、2018年の大晦日に第一回が開催された、TEAM AVANTE主催のマラソン大会「大晦日マラソン」が、2019年の大晦日にも行われ、風と雨の中にもかかわらず100人近くの参加者が一年の走り納めを行いました。

 このマラソン大会のユニークな試みとして、参加者は未使用のTシャツやスポーツタオルなどを持ち寄り、一つ持ってきた人は一つ持ち帰っても良いというプレゼント交換のようなイベントを行っているそうです。第二回大会の2019年はそのアイデアに加えて、着なくなった古着を参加者に持ってきてもらい、それらをリサイクルショップに持っていった売り上げを寄付するという試みを実施されました。その最初の寄付先として、ギソクの図書館を選んでいただきました。

 ギソクの図書館メンバーで富山市在住の吉川が昨年末からTEAM AVANTEさんの練習会に参加していて、大晦日マラソンにも参加したようですが、悪天候にもかかわらず沢山の方々が参加されていたことと、

「今日は軽くハーフ(21km)くらいでやめておくわ」

とサラッと言い放つおばちゃんランナーのセリフに「富山市民ランナーハンパない…」と驚愕したそうです。

 当の吉川は1周2.1kmのコースを5周走って走り納めたそうですが、5周走っている間どんどん自分を追い抜いていく沢山の富山市民ランナーの背中を見て、2020年はもっと頑張らなくては…と悔しさと楽しさの中気持ちを新たに年越しをしたとのことです。

 TEAM AVANTEの皆さん、ご協力いただいた富山市民ランナーの皆さん、ありがとうございました。いただいた寄付はギソクの図書館の活動の中で有効に活用させていただきます。

activities

富山県の学生が見学にいらっしゃいました。

投稿日:

 11月6日、富山県から富山県立八尾高等学校福祉コースの学生がギソクの図書館の見学にいらっしゃいました。進路探訪という修学旅行のような企画で、大学見学などを含め自分たちの進路の参考になるものを見て回ったそうで、そのコースの一つにギソクの図書館を選んでくださいました。見学会では、板バネを装着して実際にギソクで跳ねる感覚を体験してもらいました。

 一言で「福祉」といってもなかなか広い概念だとは思いますが、そのキーワードを通して社会とどのように関わってゆくのか、若い学生たちの将来が楽しみですね。